いまさら やめては だめなのだ

反宿坊板、及びそれに類する掲示板へのリンクはご遠慮ください。 串投稿もご遠慮ください。 他者に対する発言は充分な根拠を示してください。



カテゴリ:[ ビジネスと社会/経済 ]


新着順:44/803


[823] いよいよ8月

投稿者: 飛翔こそ蘇生 投稿日:2017年 8月 2日(水)12時01分32秒   通報   返信・引用

仏教の思考概念の上に信仰を確立している者にとって
成仏のためのきっかけとなる最初の気づきとは

思考概念の呪縛・循環に対する気づきの大きな衝撃と現れます。

「信じる」ことが「信じ込み」になっている気づきの反転です。

鳥は卵からかえる前、自分が鳥であることを知っているだろうか?
人間は生まれる前、自分が人間であることを知っていただろうか?

親なる存在によって形成された
護り育むための一時的機能性。
思考概念の枠組み・殻。

それを世界の全てと思い込み
それを永遠に守ろうとしても
いずれ失われるのは外から俯瞰すれば明白だが
未だ世を知らない者は、自分には関係ないと思っている。

禅であれ念仏であれ大乗仏教には
八識までの識に対する覚知は含まれている。

http://parabuddha.blogspot.jp/2011/10/04_18.html
http://www.plinst.jp/musouan/yuishiki08.html

南無妙法蓮華経は九識心王真如の都だから
それよりも勝れている?

本当にそうですか?
それは何ですか?それはどれですか?

~「守」まず、師からの教えを忠実に学び、型や作法、知識の基本を習得する第一段階。
「破」経験と鍛錬を重ね、師の教えを土台としながらも、それを打ち破るように自分なりの真意を会得する第二段階。
「離」これまで教わった型や知識にいっさいとらわれることなく、思うがままに至芸の境地に飛躍す る第三段階。~
http://www.plinst.jp/musouan/yuishiki05.html

「気づき」の3階梯~ルパート・スパイラ2017/01/17 に公開8分59秒
https://www.youtube.com/watch?v=MNiB3h_tdJU

ルパート・スパイラさんは溝口あゆかさんが
非二元について最も影響を受けた人物です。

ルパート・スパイラさんの話は生の法華経的であり
溝口あゆかさんの方法は一心三観的です。

大和田菜穂さんの話は
八識の側からの語りです。

そのような開かれた見方が出来ないならば
それは”閉鎖的”です。

アルベア論は開き・和合し・蘇生する見方です。

時を見誤れば、閉鎖的な「守」は
大きな害毒となります。

割れた卵の殻を拾い集め繋ぎ合わせ
元に戻ろうとしても、それは叶いません。

鳥の本願は大空へ飛翔することです。

同時代現象として起きているのです。
本願の道は已(すで)にあり今あり当(まさ)にあるのです。

創価という枠組みの七識(存在前提)を経れば
本来、苦楽善悪無記の八識の暴流(ただあるという変化)が
対苦・対楽・対善・対悪として
個の自分の執着の六識の上に激しく感情として現れます。

思考概念によって反転しているのです。

存在前提を強化しようとしても
破れ、循環してしまうのです。

幾重もの相対が現象化するのです。

開き・和合し・蘇生するとは
探求の終わり・相対の終わりです。

反転できないという不可能を
反転できるという可能にするのです。

復活・救済・蘇生です。

ワンネスからの視点であり
無・空からの視点であり
無限からの視点です。

トリプルポイントへのサポートが開かれている
今年の夏です。

体感覚知・了解へチャレンジしてください。

<アルベアのブログ>夏休み・夏期講習会の開催
http://ameblo.jp/arubea9/entry-12297937411.html
http://ameblo.jp/arubea9/entry-12297937629.html
http://ameblo.jp/arubea9/entry-12297952995.html


新着順:44/803


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.