いまさら やめては だめなのだ

反宿坊板、及びそれに類する掲示板へのリンクはご遠慮ください。 串投稿もご遠慮ください。 他者に対する発言は充分な根拠を示してください。



カテゴリ:[ ビジネスと社会/経済 ]


新着順:48/803


[818] 日蓮と同意

投稿者: 飛翔こそ蘇生 投稿日:2017年 7月25日(火)04時46分59秒   通報   返信・引用   編集済

「日蓮と同意ならば地涌の菩薩たらんか」
これは大石寺教学、学会教学にとって文証である。

諸法実相抄の一文である。

日蓮大聖人が生きていた時であるならば
同意であるかどうかの呼吸はそこにあるだろう。

生きていた日蓮大聖人と交流があった者にとって
あえて日蓮大聖人を本仏と呼ぶこともない。

しかし滅後においてそれは本覚の反転の作為になる。

本覚を約束されたいならば
日蓮の教えに信伏随従しなさいという偶像崇拝化である。

本覚を美辞麗句化し、利用し、二項対立化して
本覚を謳いながらその体も用も具わっていない教団となる。

それは、諸法実相抄を肯定する側にも
否定する側にも影響をもたらし思考概念化し
結果、日蓮系教団において誰も悟りが解らないという
ダブルバインドの現象化をする。

だから、滅後においては逆説的に
地涌の菩薩の実際の体感覚知を了解することが
御本仏日蓮大聖人を自身の内に呼び起こすことになる。

これが理証である。

つまるところ
戸田先生の獄中の悟達が、その現証なのだ。

「だから、創価学会が正しい」と言うのでは
それはまた偶像崇拝化の危険性が高い。

事実、体感覚知のある池田先生が公の場に姿を現さなくなって
わずか数年のうちに現象化している。

地涌の菩薩とは何だろうか?

方便品で如我等無異「我が如く等しくして異なること無からしめん」
という始覚の仏の誓願に

見宝塔品で六難九易が説かれるも
勧持品で三類の強敵が現れようともと
疑いを起こさなかった迹化の菩薩が

涌出品でまるで仏の姿そのものの
無数の立派な菩薩の登場に度肝を抜き
動執生疑を起こす。

寿量品で久遠が明かされる。

久遠実成の釈尊に久遠の自覚があるのはもちろんだが
当然のこととして久遠から教化された地涌の菩薩にも久遠の自覚があるだろう。

久遠とは、思考においてはどこまで考えても
辿り着くことの無い、認識の前の今ここである。

そこは非二元という真如であり
そこには「I am」という真我があり
世界(三世十方)になる前の等しさがあり
三千の異なりと一念という無の瞬間のそのままである。

「仏とは生命」とは
このことの戸田先生の志向性の表現である。

久遠の自覚了解である。

法華経の非二元が了解されれば
日蓮と同意なのである。

それは仏界即九界、九界即仏界であり
始覚の迹化ではなく久遠の本化であり
南無妙法蓮華経である。

法華経の智慧158
日有の教学思想の諸問題(4)(宮田幸一)


新着順:48/803


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.