teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


深土水溶け

 投稿者:たかみつ  投稿日:2017年 4月30日(日)10時53分48秒
  畑の深い所の土には雨で流れ落ちてきたミネラルがたまっている。深い
所の土を水に溶かして畑にまく。

水に溶かすという方法が思いつかなかった方法です。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs

 
 

確認ですが・・・・・

 投稿者:X  投稿日:2015年 7月 1日(水)02時20分13秒
  抵当票率は低投票率でよろしいでしょうか?  

地方自治体議員の姿勢を論じよう

 投稿者:佐々木幹夫  投稿日:2014年 9月 6日(土)17時19分52秒
  ●綾部市議会議員選挙が終わりました。今回の選挙の特徴は、直前まで無投票の様相を呈していたこと。そして、61.49%になった抵当票率です。また、今だ村型選挙の様相が強くある中で二現代表制の議員を選ぶ選挙にふさわしくない事象も見受けられた様に思います。
●また最近、兵庫県議会の号泣議員や他議会のセクハラヤジ等をきっかけに、都道府県市町村議員の「質」が問われています。国会の議院内閣制と制度が違う地方自治体の二元代表制にあって議員はどうあって欲しいかを議論します。
●この課題は全国共通です。どこからでもご参加ください。事前連絡は不要です。

 

国会議員には国民の側に立った真摯な審議を期待

 投稿者:佐々木幹夫  投稿日:2014年 7月13日(日)13時14分33秒
  政党支持に関係なく真摯な審議を期待

 7月5日の「あやべ舞の会」総会で福山哲郎参議院議員が挨拶の中で、「7月6日からワシントンに出向き『集団的自衛権』について、アメリカ議会関係者や政府高官経験者らと会い、野党の立場からフランクに意見交換する」と言われていた。

 野党の訪米が報道されるのは最近珍しいがその事が今日のテレビニュースで報道されていた。この訪米は、民主党の岡田克也元外相、玄葉光一郎前外相、福山哲郎ネクスト外相(元外務副大臣)の3人で、アメリカでは、政権交代時の国務次官補で、「普天間」「東アジア共同体」で話し合ったカート・キャンベル、現職では米上院共和党ナンバー2のコーニン院内総務、フォーブス下院軍事委員会海軍力等小委員長、ジョージ・W・ブッシュ大統領の安全保障担当大統領補佐官だったハドレーの各氏をはじめ意見交換をすると伝えられていた。
 これは7月14日(月)15日(火)などに予定されている、衆議院予算委員会や、参議院の委員会での閉会中審査の場で、「アメリカの本音」を聞きだし、野党の声(国民の声)と交えて、安倍晋三首相との質疑に反映するのがねらいだという。

 安部首相はあれだけ急いで「集団的自衛権の行使容認」を閣議決定したのに、その集団的自衛権に関する法案の国会審議を、来年春の統一地方選挙以降に先送りする方針を固めたという。

 民意の操作か自民党の戦術・戦略かもしれないが、政党支持に関係なく、国家として重要な内容は、必要な時に必要な議論をして国民に理解を求めていくのが国会のあるべき姿だと思う。

 国会議員には国民の側に立った真摯な審議を期待します。
 

変な風

 投稿者:佐々木幹夫  投稿日:2014年 6月20日(金)13時04分47秒
   TVやWebの天気予報が日々進化しデータで天候を知るこの時代。
しかし、私たちは身近な自然の変化に、鈍感になってはいないでしょうか?
たまには、空を見上げて、風をよみ、動物の微妙な変化をみる…そんな、ささやかで、豊かなひとときを感じてみたいものです。
 天気に関する言い伝えを聞くと、昔の人が五感をフルに使って、まわりの変化に敏感だったことがよくわかります。
 フェイスブックのリスはうまく雨をしのいでいますが、国の政治は今、集団的自衛権や労働法改正など、傘では防ぎ切れない梅雨のような変な雨が降り、変な風が吹いているように感じるのは私だけでしょうか?
 

線引き 撤廃要件緩和へ

 投稿者:佐々木幹夫  投稿日:2013年 8月23日(金)17時08分56秒
編集済
  市街化調整区域内での新規住宅建築の道が開ける!



 このたび京都府が市街化調整区域の撤廃に向けた手続きを始めることになりました。このことは私が市議会議員の時から主張し続け、京都府議会においても本会議や委員会において

「市街化調整区域であるがために新規住宅が建築できない。現在の法律は過疎化に拍車をかけている」と見直しと撤廃を求めてきました。

 これに対し、山田知事は本会議において「北・中部地域においては人口減少や高齢化の進展により、地域コミュニティの衰退が危惧されているだけに、制度の運用もしっかりと見直していく」と

答弁していました。

  また、あやべ塾においても「綾部市都市計画マスタープラン策定」にあたって山崎市長に対し、都市計画区域及び線引きの在り方について検討を進めることを提案していたものです。

【以下、八月二十三日付京都新聞の記事を紹介します】

----------------------------------------

市街化調整区域の撤廃要件緩和へ 府が方針

 街を乱開発から守る目的で定める「市街化区域」と「市街化調整区域」の区分けについて、京都府は22日、府北中部で区分け撤廃要件を緩和する方針を明らかにした。

調整区域内では原則として住居の新築ができず地域活性化を妨げているとして、府は要望のある綾部市域から撤廃に向けた手続きを始める。

 計画的にまちづくりを進める市街化区域と、田園地域の市街化を抑える調整区域の区分けは、乱開発の懸念がなく集落の活性化や移住促進に有効で、市町の要望があることなどを要件に撤廃

する。綾部市域は2015年度内の撤廃を目指す。

 一方、南丹市以南は近畿圏整備法で区分けが義務化されており、府は亀岡と南丹両市について国に制度改正を求めていく。京都市以南は今後も住宅開発が進むと予想されるため対象外

とした。

 両地域の区分けは都市計画法に基づき都道府県知事が定める。同法が制定された1968年当時、道路網などインフラが未整備の地域で住宅街が開発されたケースがあり、区分けは

無秩序開発を防ぐ効果があった。

 一方、調整区域内は住居の新築ができず、過疎化や人口減少に悩む府北中部でUターン

やIターンを妨げているという課題があった。府は近年、道路や下水道の整備も一定進んだとして、撤廃要件の緩和を決めた。

 府都市計画課は「区分けを撤廃しても、何を建ててもいいわけではない。土地の用途制限と組み合わせて、地域の発展や活性化につなげたい」としている。

 

あなたが払っている税金の使い道は?

 投稿者:佐々木幹夫  投稿日:2013年 4月12日(金)15時53分29秒
  NPOあやべ塾4月公開例会のお知らせです
==テーマ==
あなたが払っている税金の使い道は?



【市会議員と語ろう・綾部のまちづくり】

◆日時 平成25年 4月16日(火) 19:30~21:30

◆会場 綾部市I・Tビル 2F

◆出席会費  出席連絡は不要です。(が、出来ましたらこのメールに返信をください)

会場費の割り勘として当日会場で500円をいただきます。



平成25年度の綾部市当初予算は3月4日に市議会に提案され、3月27日の本会議で可決・成立しました。

 今年度の予算は、第5次綾部市総合計画・前期基本計画の折り返しとなり、将来を見据え、今やるべきことへの対応と次の世代、未来への種まきをする思い切った予算編成を基本方針として

①地域経済に配慮しつつ、市民の安全・安心を最優先とし、防災対策等の充実・強化の取り組みを加速的に推進。

②人口減少や少子・高齢化の課題解決に向けた定住・交流促進を基本として、情報発信戦略の強化とともに「医・職・住」をキーワードとした「少子高齢化」、「産業振興・雇用確保」、「農村集落活性化・街なか再生」、「人材育成、環境」などの施策の推進。

③現地・現場の視点に立った「住んでよかった綾部」実現のため、職員自らの発想で、企画・立案したきめ細かな施策の推進。等に重点配分されて編成されました。

 今年度の予算で綾部市はどんなまちづくりが進められるのか。あやべ塾会員の市議会議員の参加を求めて語り合います。

☆ 予算の概要説明は【検索・あやべ塾】に記載しましたが、例会の最初にも市議会議員から聞きます。
 

それは線引きと都市計画道路の見直しです

 投稿者:佐々木幹夫  投稿日:2013年 2月12日(火)23時26分34秒
  中村さん、返信が遅くなってすみません。
=====
時代に合わなくなった「都市計画法」の規制によって、綾部のまちづくりは思うように出来ません。今、重要なことは、都市計画マスタープランの策定と実行です。
NPOあやべ塾で、最近数ヶ月その課題に取り組んでいます。詳細は
http://www3.ocn.ne.jp/~mikio/ajk2011.htm
あたりを読んでください。
2月20日19時30分から綾部市I・Tビルでこのテーマで討論をします。公開例会ですので良ければ出席してください。
 

綾部市の問題

 投稿者:中村 悦  投稿日:2013年 2月11日(月)00時37分48秒
  佐々木市議は、綾部の抱えている一番大きな問題は何だと思いますか? その問題をどのように解決すべきか、お聞かせください。
同じ質問を、山崎善也市長に3度質問をしましたが、答えてくれませんでした。多分答えられないのではないかと推測しています。佐々木市議はそんなことはないと思いますので、綾部の最大の問題は何であり、その問題の具体的解決策はなんでしょうか、お答えいただければ幸甚です。
 

KBS京都テレビに出演

 投稿者:佐々木幹夫  投稿日:2013年 1月15日(火)13時00分9秒
  ◎KBS京都テレビに出演

◇1月17日(木)19時から

 新年あけましておめでとうございます。本年も綾部のまちづくりに各種活動を活発に行いますのでよろしくお願い致します。

 今年も由良川にサケよ帰れ!を合い言葉に市民の皆様と共にサケの飼育を行っていますが、KBS京都テレビの「やのぱんの生活情報部内ニュース「きょうのズームアップ」から『由良川にサケを呼び戻せ!』をテーマに出演要請がありました。

 内容を聞きますと、サケが遡上し放流する日本最南端・最上流の、綾部における放流事業についての取材だと言うことですので私が出演することになりました。

 放送日は
平成25年1月17日(木)で19時からの番組・生出演で実質7分程度のようです。

 今年のサケの放流まつりへの参加と来年の飼育者拡大のPRになるよう頑張りますので視聴いただければ幸いに存じます。
 

レンタル掲示板
/19