teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


足袋蔵めぐり2012開催!

 投稿者:Mai  投稿日:2012年10月 8日(月)23時10分49秒
  突然の書き込み失礼いたします。
NPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークと申します。
イベントの告知をさせてください。

「足袋蔵めぐり2012」開催!!

行田市教育委員会と共催で、10月20日“近代化遺産の日”に足袋蔵めぐりを行います!普段は見られない足袋蔵の内部を特別公開しますので、ぜひご参加ください!!
お申込みは行田市教育委員会(048-553-3581)に電話でお願いいたします。

日時 10月20日(土)午前9時30分~午後4時
  *午前のみ、または午後1時からの参加も可

集合場所 足袋蔵まちづくりミュージアム
(行田市行田5-15 *秩父鉄道行田市駅南口より徒歩3分、
もしくはJR高崎線吹上駅より朝日バス行田折り返し場・行田市駅行
行田本町下車徒歩2分)
見学場所
 足袋蔵まちづくりミュージアム、古蛙庵、牧禎舎(藍染体験)、
足袋とくらしの博物館(足袋製造実演見学)、足袋蔵ギャラリー門、忠次郎蔵(国登録有形文化財・昼食)ほか

参加費 1,500円(昼食、藍染体験料、入館料、保険料)

主催 行田市教育委員会、NPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

申し込み問い合わせ 10月18日午後5時までに行田市教育委員会文化財保護課に電話(553-3581)で申し込み
定員 25名(先着順)
 
 

着物で和を味わう蔵めぐり

 投稿者:Mai  投稿日:2009年 5月 3日(日)22時54分15秒
  突然の書き込み失礼いたします。
このようなイベントをやりますので、ぜひお越しください。

ぎょうだ蔵めぐりまちあるき~和を味わいましょう~ 開催!
ぎょうだ蔵めぐりスタンプラリー2009

埼玉県行田市中心市街地に残る16の足袋蔵などの歴史ある建物で、“和を味わう”をテーマに2日間限定で和布販売、藍染製品販売&藍染体験、足袋工場見学&足袋のバーゲン・セール、草履と下駄のすげ調整実演、津軽三味線&銭太鼓コンサート、ボンネットバス運行、人力車体験、蓮花つぼみ人形展示&人形絵付け体験、刻書展示、若手アーティストの作品展示、絵手紙展示、蔵出しレトログッズの販売、昔の遊び体験、昔の足袋づくりのビデオ&スライド上映など様々な催しが同時開催されます。当日着物でご参加の方にはもれなく“My足袋づくり体験”1000円割引券をプレゼント!
ぜひこの機会に着物で行田に来て、レトロ気分で蔵めぐりを楽しんでみませんか?

開催日時  2009年5月16日(土)・17日(日)10:00~16:00
開催場所  足袋蔵まちづくりミュージアム、足袋とくらしの博物館ほか16ケ所
参加費    大人200円小人100円(足袋とくらしの博物館入場券付)
参加方法  当日足袋蔵まちづくりミュージアムへまず来て受付してスタート(事前申込不要)
問い合わせ NPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワーク(TEL 090-8726-4962)
ホームページ http://www.tabigura.net

http://www.tabigura.net

 

六合村赤岩

 投稿者:孫右衛門  投稿日:2008年10月22日(水)00時43分5秒
  半年振りの書込みになりましたがブログなど頻繁に拝見しています。
さて、こちらで拝見して六合村赤岩集落が気になっていたことと、群馬県自体もまだ訪ねていないこともあり京阪地区発の直行夜行バスを見つけ、3日間重点的に廻ってきました。
立派に駐車場が整備されていたのには少々びっくりしましたが、そこの売店の人が、やはり高山や倉敷のような典型的な古い町並を連想して来られる人も少なくないとのことでした。
でもこのような個々の建物の稀少さで選定されるパターンも最近ちらほらあって、伝建地区のあり方として一歩前進のような気もしますね。

http://www8.ocn.ne.jp/~kyosyu/

 
    (NZ) 孫右衛門さん、こんにちは。
そうですか、赤岩に行ってこられたんですね。僕が行ったときは、場所も
はっきりと分からないままで、地図でなんとなく当たりをつけて行った
ような有様でしたが、とうとう売店などまでできてるんですね。
2年前は、重伝建になった直後でしたし、観光客など一人もいなかった
ですが、やっぱり少しずつ変わってきましたね。
 

散歩していて見つけた

 投稿者:東一条商店会  投稿日:2008年10月 5日(日)14時37分25秒
  分区が昭和4年だったと思うので、かれこれ80年になるんだねえ
人間だったら後期...
 
    (NZ) 琺瑯製の看板って言うのは、あれは焼き物みたいなものだけに、
ものすごく長持ちしますね。
琺瑯看板と、新しいサラ金の看板なんかが壁に並んで残ってる
ような場合で、サラ金の看板が完全に色あせてるのに、琺瑯の
ほうはびくともしてないなんて風景も見かけます。
 

はじめまして

 投稿者:Higurasi  投稿日:2008年 9月 1日(月)23時03分4秒
  NZさん はじめまして。
大阪のHigurasiという者です。僕も町並み大好きです。本業のマンホールの傍ら、
これはという風景によくシャッターを切ります。涼しくなったらまた出かけたい
のですが、この時期どうも外に出る気がしません(笑
去年、奈良県葛城市(旧新庄町)で撮った一枚を貼ります。

http://homepage2.nifty.com/manhole/

 
    (NZ) Higurashiさん、初めまして。
写真は、新庄陣屋町でしょうか。僕も何度か訪れてますが、なかなか
渋い町並みですね。
僕の場合は逆に、夏場に出かけるのが好きです。時々頭に水をかけ
ながら歩いたりします。
それにしても、マンホールファンの世界というのがあるんですね。
確かに、多種多様で面白いかも知れないです。
 

奈良旧市街の新スポット

 投稿者:ケイタロウ  投稿日:2008年 4月20日(日)16時56分1秒
  左が小西通りの「ならら」、右が登大路の「ふれあい回廊『夢しるべ 風しるべ』」です。どちらもほとんど飲食店ばかりですが。  
    (NZ) あれ、小西通りのどこにこれだけのものを作るスペースがあった
んだろう。
京都も最近、新スポットラッシュですが。
 

大内宿

 投稿者:孫右衛門  投稿日:2008年 3月31日(月)21時48分28秒
  大内宿を訪ねられていたのですか。まだ春浅いのでのんびりと散策できたようですが、私が以前訪ねた時(5月)は平日金曜日だったにも関わらずマイカーの客、そして観光バスがどんどんくるわで結構な賑わいでした。聞くところによるとシーズンの休日は妻籠などのように雑踏するそうで写真も苦労するとのこと。
民家は全て土産物屋など観光施設のようですが、純粋に家並としてみると壮観ですね。新緑とあいまってとても爽やかな探索だったことを思い出します。
掲載されるのを楽しみにしています。

http://www8.ocn.ne.jp/~kyosyu/

 
    (NZ) 観光客でものすごい混雑になるように聞いていたので、早朝日の出
すぐをメインに訪問しようとして、近くの温泉に泊まったのですが、
おかげで完全に無人の風景を見ることが出来ました。
やはり、日中はそれなりな人出でしたが。
 

無電柱化

 投稿者:ケイタロウ  投稿日:2008年 3月25日(火)23時25分12秒
  春の奈良です。「鹿男あをによし」が終わってしまってなんとなく寂しいですが。

奈良町の鶴福商店街で最近工事をしているなと思っていたら、電線が見事に無くなっていました。五重塔が真正面に見える唯一の通りなので、貴重な景観が楽しめる場所が出来ました。
 
    (NZ) うわ、これはすごい変わり様ですな。電線以外にも全体にすっきり
して、奈良も町並みとしての景観規制を本格的に進め始めたのだろ
うか。
 

質問

 投稿者:NR  投稿日:2008年 3月14日(金)21時09分25秒
  町並みの写真なんですけど、今日本の町並みの画像を探していましてー
使ってもいいでしょうか。。。
 
    (NZ) 申し訳ないのですが、基本的には他への写真提供はしていません。
ただ、使い方によっては、出所を明記した上で使っていただいた
こともありますので、メールでご相談下さい。
 

dp1で取りまくる

 投稿者:dp1  投稿日:2008年 3月11日(火)11時59分51秒
  http://www.dp1-sigma.com/
先日買ったばかりのシグマdp1で写真を撮ってみました。
画質、色合いは言うことなし。
ただ、液晶モニターが。。。ちょっと。

http://www.dp1-sigma.com/

 

松坂

 投稿者:ケイタロウ  投稿日:2008年 3月 7日(金)01時45分38秒
  松坂、去年の猛暑の時期に初めて行ったんですが、お城の周辺に武家屋敷の雰囲気がよく残っていて、とても感動しました。風格のある町だけど、駅前のデパートが無くなってたのは淋しかったです。地方都市はどこも苦しいようです。  
    (NZ) いつの間にか、松阪の町も随分開けて・・と思ったら、この右の写真は
パリですか。左は京都ですね。
三交百貨店は、伊勢市の店に続いて閉店してしまいましたね。地方デパー
トが無くなっていくのは寂しいものです。
 

久しぶり.立ち寄ります,おはよう

 投稿者:いさじ  投稿日:2008年 1月22日(火)07時58分27秒
  今年になって.粉雪舞う馬籠.そして寒い妻籠を
今回は.伊賀へ
物静かな風情の有る伊賀上野の 蓑虫庵に,立ち寄りました。
蓑虫庵 みのむしあん(伊賀上野市)
最初の名前は些中庵(さちゅうあん)でした。
県指定文化財「史跡及び名勝蓑虫庵」昭和13年1月19日
 伊賀における芭蕉ゆかりの草庵には、
 瓢竹庵、東麓庵、西麓庵、無名庵、蓑虫庵があり、
 後に「芭蕉五庵」と称したが唯一現存しているのが蓑虫庵です。

貞享(じょうきょう)5年(1688)3月芭蕉がここを訪れ、
庵開きの祝いに
「蓑虫の音を聞きに来(こ)よ草の庵(いお)」の句を贈ったことから、
蓑虫庵(みのむしあん)と呼ばれるようになりました。
当時の庵は1699(元禄12)に焼失。現存する建物は、
土芳の俳友たちの援助により再興されたもの。

その他..伊賀上野城.入交家住宅.愛宕神社.
武家屋敷.鉄砲町...町並み.などいろいろ回って
伊賀東照宮で猫に見送られて帰りました。

写真は.一年を通じて....伊賀上野を散策
http://4travel.jp/traveler/isazi/album/10213081/
 
    (NZ) いさじさん、こんばんは。
伊賀上野は良い町ですね。京都からは車なら案外近いので、前は年に
1度くらいは行っていたような気がします。
最近行ってないですが、そろそろ写真撮りに行こうかな・・
 

八幡の町並

 投稿者:孫右衛門  投稿日:2007年10月21日(日)22時24分35秒
  先日、九頭竜湖経由で福井県と岐阜県を週末二日で駆足で巡ってきました。
一番良い町並だったのが郡上八幡でした。NZさんも思い入れのある町とのこと、これまで未訪問のまま残していたのが逆によかったともいえましたが、悪かったともいえます。高速道の開通や、最近やけに売り込まれているので観光客の多いこと。
しかし、一つの町として完成されている雰囲気がよく、また私の好きな水辺の風景も多くまた少し時間が経つと訪ねたくなるでしょうね。
一番有名な宗祇水は団体さんと鉢合わせしてこんな状況だったので、少し周りを歩いて後回しにしました。

http://www8.ocn.ne.jp/~kyosyu/

 
    (NZ) そうですか、孫右衛門さんは郡上八幡初訪問だったんですね。
そうなんです、僕にとっては非常に思い入れのある町です。ただ、確かに
観光化がこの十年ほどで非常に進んでしまいました。
しかし町自体の雰囲気に大きな変わりはありませんし、今でも変わらずに
好きな町です。できれば、長良川鉄道に乗っていくと、より風情が感じら
れるように思います。
 

おじゃまします。

 投稿者:ちょんまげ奉行メール  投稿日:2007年10月20日(土)03時46分34秒
  みなさん、またまたおじゃまします。
先日、朱家角という上海市郊外の古い街へでかけました。
日本のとは少しちがいますが、なかなか奇麗な所でした。
写真をアップします。

http://outdoor.geocities.jp/sitamati1213/

 
    (NZ) なるほど、これはいかにも古い町並みの雰囲気がありますね。
少し造りが違えば、日本の町並みだとしてもそんなに違和感なさそうです。
 

はじめまして

 投稿者:ちょんまげ奉行メール  投稿日:2007年10月12日(金)02時39分38秒
  はじめまして。ちょんまげ奉行と申します。
いつも拝件させて頂いています。
日本の町並み風景、心にしみます。
私は5年前から仕事の都合で中国に駐在しているのですが、
管理人さんはじめ、皆さんの写真より日本の奇麗さを
あらためて実感しています。
年に数回しか帰れず、なかなか思うような写真が撮れません。
せめてと思い私も中国の町を紹介するサイト(しょぼい)を開設しています。
是非暇が有れば覗いてください。
http://http://outdoor.geocities.jp/sitamati1213/

http://http://outdoor.geocities.jp/sitamati1213/

 
    (NZ) ちょんまげ奉行さん、はじめまして。
まちなみ街道をご覧いただき、ありがとうございます。
僕はあまり海外に行ったことがないのですが、上海の下町風景
を見て、去年行ったベトナム(数少ない海外)のハノイを思い
出しました。
中国でも、ごく一部は町並みの保存を考え始めてるように聞き
ますが、上海のような大都会では開発優先なのでしょうね。
 

四国を訪ねられたのですか

 投稿者:孫右衛門  投稿日:2007年 8月22日(水)23時37分59秒
  四国の室戸岬を頂点とした探訪をされたようですね。私も実は盆休みにこの方面を訪ねたのです。日付を見ると数日の差でした。
徳島県南部の漁村集落はずっとたずねたいと思いながら、数年越しで実現したのです。訪ねておられるか解りませんが阿南市の椿泊、そして海部町鞆浦が特に印象的でした。
そして二回目の吉良川もやはりいい町並だと再認識しました。
これは鞆浦の路地にて

http://www8.ocn.ne.jp/~kyosyu/

 
    (NZ) 今回は室戸から西側がメインだったので、鞆浦と甲浦には少しだけ立ち寄った
のですが、残念ながら椿泊に寄る時間は取れませんでした。
日和佐なども通過しただけなので、またいずれこの方面には行こうと思ってま
す。それにしても、僕が訪れたときは吉良川には観光客が一組しかいなかった
ので驚きました。
 

祇園閣

 投稿者:中村ケイタロウ  投稿日:2007年 7月19日(木)00時20分6秒
  みなさん祇園祭にいらっしゃったようですね。ぼくも行ってきました。
東山大雲院の祇園閣も一般公開していて、宵山の前に伝建地区を一望できる眺望を楽しんできました。あいにくの雨でしばし大雲院に足留めされてしまいましたが、夕方には涼しい宵山を楽しむことができました。写真は、その祇園閣からの眺めです。天気が悪かったのが残念ですが、京都もこのあたりを見ていると、ヨーロッパの歴史都市に決して引けを取らない景観ですね。
 
    (NZ) 三年坂周辺をこんな風に一望できるところがあるんやね。
いや、知らなかったです。確かに見事だ。
 

祇園祭

 投稿者:孫右衛門  投稿日:2007年 7月18日(水)23時51分24秒
  NZさんは京都に御住いと察しますが、以前申し上げたかわかりませんが私も京都の大学に通っていましたので縁のある地です。
先週末滋賀県を訪ねましたが、草津宿を延々と歩こうと予定していて予期せぬ雨に降られたので、急遽祇園祭宵山を訪ねたのです。もう15年振りくらいになる祇園祭、駆足で歩き回り、写してきました。
人出の多さをふくめて、やはり日本を代表する祭だなと思いました。

http://www8.ocn.ne.jp/~kyosyu/

 
    (NZ) 以前はそれほど興味がなくて、宵山にちょっと寄っていく程度だった
祇園祭(全然顔を出さないのも淋しいので)ですが、近年になって良く行
くようになりました。
規模と、歴史的な要素を考えると、これに匹敵する祭りは存在し得ない、
まさに日本の祭りの最高峰ですね。
 

出石

 投稿者:中村ケイタロウ  投稿日:2007年 7月 3日(火)12時10分48秒
  出石って未掲載だったんですね。ちょっと意外でした。
出石はたしかにあまり古い家は残っていないけど雰囲気のある町なので好きです。蕎麦も食えるし。

〔写真は、京都のどこか〕
 
    (NZ) なるほど、意外かも知れないですね。昔撮ってあった写真をボツに
して、敢えて撮り直しに出かけてまでの、いわば満を持しての掲載
といったところです、大げさに言うのならば。
関西のメジャーどころは、ほぼこれで終了です。(彦根とかもあり
ますが)
 

若桜

 投稿者:孫右衛門  投稿日:2007年 6月17日(日)20時31分49秒
  若桜の町並は今日掲載されたばかりですね。私も去年訪ねたところで、ちょうど夏の暑い時分、表通りの水路で一息つき、裏通りの土蔵群の日陰でしばらく腰を降ろして涼んでいた、その時の静けさと同時にこの空間の居心地の良さは形容しがたいものでした。初めて訪ねた所なのに不思議なものでした。
私は今日、同じ山陰地方の奥出雲を訪ねていました。これは木次線の駅舎。一日数本しか列車の無い全国でも屈指のローカル線で、ホームの風景も昭和の鉄道風景そのもののようでした。

http://www8.ocn.ne.jp/~kyosyu/

 
    (NZ) さっそく見ていただいたようで、ありがとうございます。
僕が行ったときは春なのにまだ少し肌寒いくらいでした。
町並みを歩くのは、夏が一番好きですね。
しかし、この駅良いですね。近くに町並みがあるんでしょうか。
また掲載を楽しみにしています。
 

レンタル掲示板
/5